News

ヨンガリ産業カン・スング代表

ヨンガリ産業カン・スング代表   「30年の現場経験が製品開発原動力」 「ヨンガリ歯」、ミニショベルがあれば誰でも作業可能 溶接なしでボルト締結で簡単に取付け…脱着しやすい   「長い現場経験を通じて現場に必須の製品だけを開発してきています」 カン・スングヨンガリ産業代表は自社製品に対して誰よりも誇りが高い人物だ。彼もそれが30年間現場作業経験を通じて自分が必要とする製品だけを作ってきたからだ。 掘削機アタッチメントを専門に開発・生産しているヨンガリ産業の人差し指である「ヨンガリ歯」は、韓国より技術力に先んじていると主張する日本でより認められている製品でもある。 カン・スング代表は「ヨンガリ歯の作業姿を見た日本関係者がこのような製品は世の中どこにもないながら日本の輸入を打診してきたことがある」とし、「大量生産体系が準備されれば海外輸出にも本格的に出る計画」と抱負を明らかにした。 。 1993年から掘削機現場騎士として仕事をしてきて現場に最適化されたアタッチメントがなく、残念を感じたカン代表は10年余り前から直接現場に合ったアタッチメントを開発して現場作業効率を高めるのに使ってきたという。大学で機械設備を専攻したカン代表のこのような製品開発努力は李明博政府時代4大河川事業の現場投入でも光を放ち、周囲の羨望詐欺もしたという。以後、カン代表のアタッチメントを周りで注目してきた作業者が、1つ2つの注文を始め、本格的に生産ラインを備えてアタッチメントを生産・供給しているという説明だ。 ヨンガリ産業の代表アタッチメント製品である別名「ヨンガリ歯」は、ミニショベルに取り付けて使用する鉗子で、同じ機種であればショベル幅に誤差や偏差があっても構造変更なしでボルト締結で簡単に装着が可能に設計された。 ヨンガリ産業主力製品「ヨンガリ歯」 カン代表はヨンガリ歯開発の背景と関連して、「農業用ミニ掘削機の普及が徐々に増えていくにつれて、農民が実用的に使用できる鉗子を作ることが最大の関心事だった。様々な失敗を重ねた末、農家で比較的安い価格で誰でも使いやすいミニ掘削機鉗子「ヨンガリ歯」を製作することになった」と話した。 彼は次のように述べています。また、脱付着が簡単で、小さなものを細心に移せるほど精密作業が可能だという長所もある」と付け加えた。 特にミニ掘削機は油圧シリンダを使用して様々な作業を行う必要がありますが、油圧を利用した鉗子は狭い場所で脱着が面倒で移動時の制約がありますが、ヨンガリ歯は油圧なしでワンタッチで脱着が可能で、他の作業時に交換する必要があります。がなくて利便性に優れるという説明だ。 ヨンガリ産業ほうき カン代表の製品開発欲は人差し指はもちろん、現場清掃用のほうきの開発や台座などのアイデアが煩わしい様々なアタッチメントも開発して好評を得ている。 「ヨンガリほうき」の場合には、簡単な脱付着で現場の廃棄物の清掃はもちろん除雪作業用としても脚光を浴びていることもある。 カン代表はヨンガリ歯の製品ラインナップを1.7トンから5トンまで5つのモデルで備え、どんな掘削機にも適用可能にし、小型トラクターのローダーにも装着が可能になるようにさらにアップグレードして全国に本格的に供給する計画である。 。 カン代表は工場のひとつを指し、「100%満足するまでこだわりに製品完成度を上げてみると試作品だけ52回を作ることになった。その時の初心を失わないために、今も工場一斉に「52回の失敗が成功の踏み石だ」という標識を立てている。 現場作業を通じて「自分が必ず必要としなければ消費者も必要とする」と信じているカン代表の製品に対する誇りがまたどのような後続製品を見せてくれるかすでに期待されるものだ。

ヨンガリ産業カン・スング代表

ヨンガリ産業カン・スング代表   「30年の現場経験が製品開発原動力」 「ヨンガリ歯」、ミニショベルがあれば誰でも作業可能 溶接なしでボルト締結で簡単に取付け…脱着しやすい   「長い現場経験を通じて現場に必須の製品だけを開発してきています」 カン・スングヨンガリ産業代表は自社製品に対して誰よりも誇りが高い人物だ。彼もそれが30年間現場作業経験を通じて自分が必要とする製品だけを作ってきたからだ。 掘削機アタッチメントを専門に開発・生産しているヨンガリ産業の人差し指である「ヨンガリ歯」は、韓国より技術力に先んじていると主張する日本でより認められている製品でもある。 カン・スング代表は「ヨンガリ歯の作業姿を見た日本関係者がこのような製品は世の中どこにもないながら日本の輸入を打診してきたことがある」とし、「大量生産体系が準備されれば海外輸出にも本格的に出る計画」と抱負を明らかにした。 。 1993年から掘削機現場騎士として仕事をしてきて現場に最適化されたアタッチメントがなく、残念を感じたカン代表は10年余り前から直接現場に合ったアタッチメントを開発して現場作業効率を高めるのに使ってきたという。大学で機械設備を専攻したカン代表のこのような製品開発努力は李明博政府時代4大河川事業の現場投入でも光を放ち、周囲の羨望詐欺もしたという。以後、カン代表のアタッチメントを周りで注目してきた作業者が、1つ2つの注文を始め、本格的に生産ラインを備えてアタッチメントを生産・供給しているという説明だ。 ヨンガリ産業の代表アタッチメント製品である別名「ヨンガリ歯」は、ミニショベルに取り付けて使用する鉗子で、同じ機種であればショベル幅に誤差や偏差があっても構造変更なしでボルト締結で簡単に装着が可能に設計された。 ヨンガリ産業主力製品「ヨンガリ歯」 カン代表はヨンガリ歯開発の背景と関連して、「農業用ミニ掘削機の普及が徐々に増えていくにつれて、農民が実用的に使用できる鉗子を作ることが最大の関心事だった。様々な失敗を重ねた末、農家で比較的安い価格で誰でも使いやすいミニ掘削機鉗子「ヨンガリ歯」を製作することになった」と話した。 彼は次のように述べています。また、脱付着が簡単で、小さなものを細心に移せるほど精密作業が可能だという長所もある」と付け加えた。 特にミニ掘削機は油圧シリンダを使用して様々な作業を行う必要がありますが、油圧を利用した鉗子は狭い場所で脱着が面倒で移動時の制約がありますが、ヨンガリ歯は油圧なしでワンタッチで脱着が可能で、他の作業時に交換する必要があります。がなくて利便性に優れるという説明だ。 ヨンガリ産業ほうき カン代表の製品開発欲は人差し指はもちろん、現場清掃用のほうきの開発や台座などのアイデアが煩わしい様々なアタッチメントも開発して好評を得ている。 「ヨンガリほうき」の場合には、簡単な脱付着で現場の廃棄物の清掃はもちろん除雪作業用としても脚光を浴びていることもある。 カン代表はヨンガリ歯の製品ラインナップを1.7トンから5トンまで5つのモデルで備え、どんな掘削機にも適用可能にし、小型トラクターのローダーにも装着が可能になるようにさらにアップグレードして全国に本格的に供給する計画である。 。 カン代表は工場のひとつを指し、「100%満足するまでこだわりに製品完成度を上げてみると試作品だけ52回を作ることになった。その時の初心を失わないために、今も工場一斉に「52回の失敗が成功の踏み石だ」という標識を立てている。 現場作業を通じて「自分が必ず必要としなければ消費者も必要とする」と信じているカン代表の製品に対する誇りがまたどのような後続製品を見せてくれるかすでに期待されるものだ。

ドラゴンハンド

ドラゴンハンド